越中八尾和紙

皆さん。和紙というとどのようなものを想像されますか?
「習字の和紙」「障子の和紙」「折り紙の和紙」などでしょうか。
一般的に和紙というと、「やぶけやすい」という印象が強いのではないかと思います。
では、なぜ弊社の和紙が加工品に利用されるほどの強度がるのかと言いますと、実は、そこに越中和紙(八尾和紙)の特徴があるのです。
もともと八尾和紙というのは、字を書く為の紙ではなく、加工する紙として製造され、富山の薬売りが使用するカバンに利用されるなどしていました。
弊社はその昔からの製法をかたくなに守り続けており、丈夫さを利用した和紙製品を作り、お客様に感動していただくことが喜びです。


  • 製造工程越中八尾和紙伝統の技「型染め」と印刷の違い、製作の流れを動画でご紹介。
  • 防水加工和紙なのに防水・防汚?越中和紙の和紙防水加工技術のご紹介。
  • 紙すき体験昔からの伝統的な和紙製造が体験できる紙漉き体験を随時受付中です。
  • 和紙文庫和紙文庫の民芸工芸館では世界各地から選ばれた民芸品を展示しています。
  • 喫茶パピネス和紙文庫内にある喫茶店と売店のご案内。